身長を伸ばすための睡眠・寝方

身長を伸ばすには睡眠は大事です。
眠りに入ってから大体2時間後くらいに成長ホルモンが分泌されるので、夜中にぐっすりと深い眠りについていることが大切です。
遅くとも午後9時までには布団に入り、小学生の間は最低でも8時間から9時間の睡眠時間は確保しましょう。

日本の子どもの睡眠時間の短さは世界でトップクラスだといわれています。
睡眠時間が短いと思春期が早く訪れることにつながります。 思春期を過ぎると身長の伸びは止まってしまうのが普通なので、できるだけ思春期を遅らせるようにするのが身長を伸ばすためには大事なのです。

寝る子は育つ、と昔から言いますが、小学生の間は最低でも9時間、可能であれば10時間を目標に睡眠時間を確保するようにしましょう。


⇒身長を伸ばす栄養素 その1 :ミネラルについて
⇒身長を伸ばす栄養素 その2 :アルギニンについて

身長の高い低いで人の善し悪しは決まりませんが、できることなら、身長で悩まずに済ませてあげたいですよね。
身長が伸びる時期は限られています。
その時期に、できるだけ伸びやすい生活環境を整えてあげることを考えてあげてください。

身長が伸びる最も重要な要素は、成長ホルモンを分泌させる深い睡眠、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養素、骨端線に適度な刺激を与える運動、親や周りから受ける愛情などです。

あわせて成長ホルモンの分泌を促す栄養素アルギニンの不足を補うことも大切です。
また、ストレスやフラストレーションをためない生活を送ることも重要です。


身長が伸びる可能性を高める栄養機能食品のおすすめ

美味しく!しかも栄養満点!小学生、中学生の身長を伸ばす栄養素がたっぷり入っています! 

飲みやすくて続けやすい、子どもの喜ぶ味に仕上がっている伸長サプリメントなど、安心できる子ども向けの健康補助食品一覧はこちらです。

≫≫飲みやすくて子供に人気!の伸長サプリメント特集


関連記事

  1. 身長を伸ばすためのおすすめ食材ランキング
  2. 睡眠時間と身長の関係
  3. 身長を伸ばす栄養素 その1:ミネラル
  4. 姿勢によっても変わる身長
  5. 夏休みの間に子どもの身長を大きく伸ばすために親がしてやれること
  6. 身長を伸ばす運動
  7. 身長を伸ばす栄養素 その2:アルギニン
  8. 成長ホルモンがよく出る睡眠とは?