身長を伸ばすためのおすすめ食材ランキング

子どもの身長を高くするために普段の食生活のメニューに登場させたいおすすめの食材をお肉とお魚それぞれ紹介します。身長アップに欠かせないポイントはずばり「高たんぱく質&低カロリー!」な食材!

日々のメニューを考える際の食材選びの参考にしてください!

成長のためのおすすめ食材:「お肉編」

第1位:鶏ささみ
鶏のささ身は牛肉・豚肉のヒレに相当する部分で脂肪分が少なく、タンパク質を多く含んでいます。 スポーツ選手におすすめのナンバーワン食材といえるでしょう。

鶏ささみは鶏のむね肉で手羽の内側にあって、形がササの葉に似ているので、ささ身という名前がついています。

第2位:鶏むね肉(皮なし)
スーパーなどでよく見かける鶏の胸肉は、皮をきれいにはがして食べるのが原則です。

皮を除くことで、余分な脂肪がなくなり、肉類ではささ身に次いでの高タンパク質低カロリーの食材であるといえます。

また、ささ身と同様に鶏むね肉には、メチオニンとよばれる必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。牛や豚の脂肪に比べて、不飽和脂肪酸の割合が高いので、コレステロールなどの心配が少ないことも特徴の一つです。

第3位:豚ヒレ肉
豚ヒレ肉はビタミンB群が豊富で、中でも豚ヒレ肉に含まれるビタミンB1はトップクラスの含有量です。

また、豚ヒレ肉はタンパク質を多く含み、脂肪分がほとんどないため堂々の第3位です!

成長のためのおすすめ食材:「お魚編」

第1位:まぐろ(鮪)
マグロの赤身は高たんぱくで低カロリー。 タンパク質の含有量は魚ではトップクラスです。 ヒスチジンやアンセリンなどのアミノ酸、健康に有用なEPAやDHAがたくさん含まれています。

第2位:たら(鱈)
味は淡白なタラですが、たらの肉は脂肪分が極めて低く、タンパク質を多く含んでいます。
「タラちり」など、加熱調理することで、チオプロリンというアミノ酸ができ、発がん性物質の生成を抑制する働きがあることがわかっています。

タラは、長期間冷凍保存するとスポンジ状になってしまって味も落ちてしまうのでご注意ください。

第3位:かつお(春獲りのもの)
カツオには春獲りと秋獲りとの2種類があります。
春獲りのもののほうが、脂肪が少なくてタンパク質を多く含みます。

カツオの血合い肉は、ビタミンA、B1、B2、B12や鉄分のほかに、EPAやDHAなども多く含んでいて、子どもの健やかな心身の成長のためにたいへんおすすめの食材といえるでしょう。


⇒身長を伸ばす栄養素 その1 :ミネラルについて
⇒身長を伸ばす栄養素 その2 :アルギニンについて

身長の高い低いで人の善し悪しは決まりませんが、できることなら、身長で悩まずに済ませてあげたいですよね。
身長が伸びる時期は限られています。
その時期に、できるだけ伸びやすい生活環境を整えてあげることを考えてあげてください。

身長が伸びる最も重要な要素は、成長ホルモンを分泌させる深い睡眠、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養素、骨端線に適度な刺激を与える運動、親や周りから受ける愛情などです。

あわせて成長ホルモンの分泌を促す栄養素アルギニンの不足を補うことも大切です。
また、ストレスやフラストレーションをためない生活を送ることも重要です。


身長が伸びる可能性を高める栄養機能食品のおすすめ

美味しく!しかも栄養満点!小学生、中学生の身長を伸ばす栄養素がたっぷり入っています! 

飲みやすくて続けやすい、子どもの喜ぶ味に仕上がっている伸長サプリメントなど、安心できる子ども向けの健康補助食品一覧はこちらです。

≫≫飲みやすくて子供に人気!の伸長サプリメント特集


関連記事

  1. 睡眠時間と身長の関係
  2. 身長を伸ばす栄養素 その1:ミネラル
  3. 姿勢によっても変わる身長
  4. 身長を伸ばすための睡眠・寝方
  5. 夏休みの間に子どもの身長を大きく伸ばすために親がしてやれること
  6. 身長を伸ばす運動
  7. 身長を伸ばす栄養素 その2:アルギニン
  8. 成長ホルモンがよく出る睡眠とは?