小学6年生(11歳から12歳)の低身長の目安

低身長とは同じ年齢の集団の中で、平均値から2.0SD(SDとは標準偏差のこと)以下の身長のことをいいます。

小学六年生(11歳~12歳)の低身長のめやすとされる-2SDの身長は、男の子で131cm、女の子で133cm(いずれも11歳6か月の低身長の目安)です。

ところが、この低身長の目安は、医療行為として保険診療で身長を伸ばす治療が受けられる身長の目安なので、100人の子どもに対して約2人程度のかなり低いレベルです。

この-2SDより少し上を推移している、という程度では低身長とは認められません。
同年代に比べて十分低いのですが病的なレベルではないため低身長とは判断されません。
つまり保険適用が受けられないということです。

小学校のニガテをかかえたままだと、中学で伸び悩む原因となります。
小6・2学期に習う難単元はもちろん、小学校の4教科全てでニガテをつぶしておくことが大切。 ニガテを中学までひきずらないて! 進研ゼミで楽しく集中的にニガテつぶしができます!!
>>ここから資料請求すると1週間分の教材が無料でもらえます!

小学6年生(11歳から12歳)の一年間の身長の伸び

子どもの一時期の平均身長との比較だけでなく、一年間の伸び(成長率)の程度も参考にすることができます。

11歳から12歳の間の1年間の年間身長の伸び(成長率)が男の子で4.1cm以下、女の子で6.7cm以下の場合は、身長の伸び率が低いといえます。
毎年数センチでも伸びているから思春期になればそのうち平均値に追いつくだろう、と思ってしまうのは危険です。

6歳から12歳までの一番大切な時期に何もせずにいて、子どもが悩み始めてからでは身長の伸びが止まりかける頃となってしまって手遅れになることがあります。


⇒身長を伸ばす栄養素 その1 :ミネラルについて
⇒身長を伸ばす栄養素 その2 :アルギニンについて

身長の高い低いで人の善し悪しは決まりませんが、できることなら、身長で悩まずに済ませてあげたいですよね。
身長が伸びる時期は限られています。
その時期に、できるだけ伸びやすい生活環境を整えてあげることを考えてあげてください。

身長が伸びる最も重要な要素は、成長ホルモンを分泌させる深い睡眠、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養素、骨端線に適度な刺激を与える運動、親や周りから受ける愛情などです。

あわせて成長ホルモンの分泌を促す栄養素アルギニンの不足を補うことも大切です。
また、ストレスやフラストレーションをためない生活を送ることも重要です。


身長が伸びる可能性を高める栄養機能食品のおすすめ

美味しく!しかも栄養満点!小学生、中学生の身長を伸ばす栄養素がたっぷり入っています! 

飲みやすくて続けやすい、子どもの喜ぶ味に仕上がっている伸長サプリメントなど、安心できる子ども向けの健康補助食品一覧はこちらです。

≫≫飲みやすくて子供に人気!の伸長サプリメント特集


関連記事

  1. 保険適用外の成長ホルモン投与による低身長治療
  2. 夏休みの間に子どもの身長を大きく伸ばすために親がしてやれること
  3. 小学5年生(10歳から11歳)の低身長の目安
  4. 小学4年生(9歳から10歳)の低身長の目安
  5. 小学3年生(8歳から9歳)の低身長の目安
  6. 小学2年生(7歳から8歳)の低身長の目安
  7. 小学1年生(6歳から7歳)の低身長の目安