おすすめ!≫≫せめて小学生の間だけでもメガネなしで過ごさせてやりたいとお思いの親御さんへ
おすすめの視力回復トレーニング法は こちらです。(自宅でゲーム感覚で続けられますよ!)
≫≫1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法~自宅トレーニングセット
(管理人の長男【小5】もこのトレーニングで昨年D判定から今年はA判定まで回復しました!)

小学5年生(10歳から11歳)の低身長の目安

低身長とは同じ年齢の集団の中で、平均値から2.0SD(SDとは標準偏差のこと)以下の身長のことをいいます。

小学五年生(10歳~11歳)の低身長のめやすとされる-2SDの身長は、男の子で127cm、女の子で126cm(いずれも6歳6か月の低身長の目安)です。

この低身長の目安は、医療行為として保険診療で身長を伸ばす治療が受けられる身長の目安なので、かなり低いレベルです。100人の子どもに対して約2人程度の狭き門です。

同学年集団の中に入ったときに我が子が周りの子と比較して低く感じる、これまでの身長がずっと低めに推移している、という程度であれば低身長とはされず通常の保険診療で受けられる医療行為はありません。

大きく伸長を伸ばせる期間は限られています。
中学・高校になって子ども自身が身長で悩まないですむために、小学生の間に親が気付いてあげることが大事です。

高学年の入り口、5年生。
『チャレンジタッチ5年生』なら学習が難しくなっても、「勉強がわかる楽しさ」を実感し続けられます。
>>こちらから実際の内容が体験できます!

小学5年生(10歳から11歳)の一年間の身長の伸び

子どもの一時期の平均身長との比較だけでなく、一年間の伸び(成長率)の程度も参考にすることができます。

10歳から11歳の間の1年間の年間身長の伸び(成長率)が男の子で3.9cm以下、女の子で5.2cm以下の場合は、身長の伸び率が低いといえます。
毎年数センチでも伸びているから思春期になればそのうち平均値に追いつくだろう、と思ってしまうのは危険です。

6歳から12歳までの一番大切な時期に何もせずにいて、子どもが悩み始めてからでは身長の伸びが止まりかける頃となってしまって手遅れになることがあります。


⇒身長を伸ばす栄養素 :ミネラルについて

身長の高い低いで人の善し悪しは決まりませんが、できることなら、身長で悩まずに済ませてあげたいですよね。
身長が伸びる時期は限られています。
その時期に、できるだけ伸びやすい生活環境を整えてあげることを考えてあげてください。

身長が伸びる最も重要な要素は、成長ホルモンを分泌させる深い睡眠、タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養素、骨端線に適度な刺激を与える運動、親や周りから受ける愛情などです。
また、ストレスやフラストレーションをためない生活を送ることも重要です。


身長が伸びる可能性を高める栄養機能食品のおすすめ

美味しく!しかも栄養満点!小学生、中学生の身長を伸ばす栄養素がたっぷり入っています! 

飲みやすくて続けやすい、子どもの喜ぶ味に仕上がっている伸長サプリメントなど、安心できる子ども向けの健康補助食品一覧はこちらです。

≫≫飲みやすくて子供に人気!の伸長サプリメント特集


関連記事

  1. 保険適用外の成長ホルモン投与による低身長治療
  2. 夏休みの間に子どもの身長を大きく伸ばすために親がしてやれること
  3. 小学6年生(11歳から12歳)の低身長の目安
  4. 小学4年生(9歳から10歳)の低身長の目安
  5. 小学3年生(8歳から9歳)の低身長の目安
  6. 小学2年生(7歳から8歳)の低身長の目安
  7. 小学1年生(6歳から7歳)の低身長の目安