小学生の平均身長

小学生の間は子どもが思春期に差しかかる最も成長期に当たる期間です。子どもの身長も最も伸びる時期です。平均身長は子どもの成長をはかるのに最も参考になる目安です。お子さんの身長の伸びは正常でしょうか?身長が伸び悩んでいたら早めに親としてできることからはじめてあげましょう。

おすすめ!飲みやすくて小学生に人気の伸長サプリランキングはこちらです≫≫


小学生の学年別 平均身長

小学生身長平均

小学生の間は最も身長が伸びる時期です。お子さんの現在の身長は平均身長と比べてどれくらい差がありますか?

小学1年生(6歳から7歳)の平均身長
小学2年生(7歳から8歳)の平均身長
小学3年生(8歳から9歳)の平均身長
小学4年生(9歳から10歳)の平均身長
小学5年生(10歳から11歳)の平均身長
小学6年生(11歳から12歳)の平均身長


小学生の学年別 低身長の目安

小学生低身長

小学校時代はいつでも年に5cm~6cmの身長の伸びがあるのが普通といわれています。 年間身長の伸びをみることも大切です。

小学1年生 低身長の目安
小学2年生 低身長の目安
小学3年生 低身長の目安
小学4年生 低身長の目安
小学5年生 低身長の目安
小学6年生 低身長の目安



小学生のためのアルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内で生成することのできない必須アミノ酸です。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる重要な働きがあり、成長期の子供にぜひとらせたい栄養としてたいへん注目されています。 

低身長のための成長ホルモン治療は、健康保険治療の対象となる範囲が狭く(そのため平均身長からかなり小さくないと保険適用での治療は受けられません)、また保険が効いたとしてもたいへん高額となってしまいますので、今お子さんの身長をなんとか伸ばしてやりたい、という方は、まずこのアルギニンを積極的に摂取することが有効とされています。


アルギニンはもちろん食物で摂ることができます。 鶏肉・牛肉・大豆製品・エビ・カニ・カツオ・マグロ・ゴマなどに含まれていて、これらを積極的に食べることがまず大事です。

栄養バランスを考えて、アルギニンを含む材料を多く食卓に登場させることは当然のことなのですが、食事だけでは十分な量のアルギニンをとることはなかなかできません

というのも、たとえば体重30キロ程度の伸び盛りの小学生でしたら、毎日200g以上の鶏肉や、豚ロース肉、牛乳だとなんとコップ15杯などを毎日継続して摂らなければならないからです。


そこでおすすめなのが、アルギニンを手軽にサプリメントで補給するという方法です。

子どもにサプリメントを飲ませる、ということに少し抵抗がある親御さんもあるかもしれませんが、アルギニンは体の必要な成分であるため、安全性が高い成分です。害となる作用はほぼ認められておりませんし、食物から摂りきれない分をサプリメントで補給してあげる訳ですから安心ですよね。

今最も人気成長のためのサプリメントはこちらです。

実際に多くのお子さんが実際に飲んで体に自信をつけていますよ。(⇒喜びの声はこちらでチェックできます。


Dr.Senobiru(ドクターセノビル)は、身長の伸びに影響する成長ホルモンの分泌を促進させるアミノ酸「アルギニン」を摂取しやすい粉末にしてありますので、スポーツドリンクのように水に溶かすなどして飲むことができます。グレープフルーツ味で子どもにも飲みやすくて自分から進んで飲むというくらい美味しいです。

親が無理矢理飲ませるということをしなくても、美味しくて自分からの飲んでくれるのはうれしいですよね。もちろん粉のまま飲むこともできます。

美味しくて飲みやすい、子どものためのアルギニンサプリメントはこちらです
⇒Dr.Senobiru(ドクターセノビル)

身長を伸ばすためのおすすめ食材ランキング

子どもの身長を高くするために普段の食生活のメニューに登場させたいおすすめの食材をお肉とお魚それぞれ紹介します。身長アップに欠かせないポイントはずばり「高たんぱく質&低カロリー!」な食材!

日々のメニューを考える際の食材選びの参考にしてください!

成長のためのおすすめ食材:「お肉編」

第1位:鶏ささみ
鶏のささ身は牛肉・豚肉のヒレに相当する部分で脂肪分が少なく、タンパク質を多く含んでいます。 スポーツ選手におすすめのナンバーワン食材といえるでしょう。

鶏ささみは鶏のむね肉で手羽の内側にあって、形がササの葉に似ているので、ささ身という名前がついています。

第2位:鶏むね肉(皮なし)
スーパーなどでよく見かける鶏の胸肉は、皮をきれいにはがして食べるのが原則です。

皮を除くことで、余分な脂肪がなくなり、肉類ではささ身に次いでの高タンパク質低カロリーの食材であるといえます。

また、ささ身と同様に鶏むね肉には、メチオニンとよばれる必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。牛や豚の脂肪に比べて、不飽和脂肪酸の割合が高いので、コレステロールなどの心配が少ないことも特徴の一つです。

第3位:豚ヒレ肉
豚ヒレ肉はビタミンB群が豊富で、中でも豚ヒレ肉に含まれるビタミンB1はトップクラスの含有量です。

また、豚ヒレ肉はタンパク質を多く含み、脂肪分がほとんどないため堂々の第3位です!

成長のためのおすすめ食材:「お魚編」

第1位:まぐろ(鮪)
マグロの赤身は高たんぱくで低カロリー。 タンパク質の含有量は魚ではトップクラスです。 ヒスチジンやアンセリンなどのアミノ酸、健康に有用なEPAやDHAがたくさん含まれています。

第2位:たら(鱈)
味は淡白なタラですが、たらの肉は脂肪分が極めて低く、タンパク質を多く含んでいます。
「タラちり」など、加熱調理することで、チオプロリンというアミノ酸ができ、発がん性物質の生成を抑制する働きがあることがわかっています。

タラは、長期間冷凍保存するとスポンジ状になってしまって味も落ちてしまうのでご注意ください。

第3位:かつお(春獲りのもの)
カツオには春獲りと秋獲りとの2種類があります。
春獲りのもののほうが、脂肪が少なくてタンパク質を多く含みます。

カツオの血合い肉は、ビタミンA、B1、B2、B12や鉄分のほかに、EPAやDHAなども多く含んでいて、子どもの健やかな心身の成長のためにたいへんおすすめの食材といえるでしょう。

成長期応援サプリメントDr.Senobiru

Dr.Senobiruは成長ホルモンの分泌促進に効果的なアルギニンを主成分としたサプリメントです。

成長期に補いたいアルギニン!

アルギニンはアミノ酸の1つで、成長ホルモンの合成に関与していて、特に成長期の子供には骨格や背丈の成長に大きくかかわっています。

アルギニンは体内で合成できますが、生成能力が十分でなく、不足分を摂取する必要があるため、準必須アミノ酸ともよばれます。子どもの場合はアルギニンを必要量つくりだすことができないため、十分に食事から摂取する必要があります。

アルギニンを多く含む食品は?

大豆製品や肉類、魚介類などにアルギニンは多く含まれていますが、必要量のアルギニンを食物からだけ摂ろうとすると、例えば、鶏肉だと一日に350グラム、高野豆腐なら100グラム、海老なら230グラムが必要になってきます。

これだけの摂取を食べものからだけ毎日摂り続けることは、現実として不可能ですよね。

低身長ぎみのお子さんは日常的にアルギニンが不足しがちな食生活となっていて、成長ホルモンの分泌不足が考えられます。

そこで成長ホルモンの分泌をしっかりと促し続けるために、通常の食事だけでは不足しがちなアルギニンを外部から補うことが子どもの成長を加速するために重要です。

Dr.Senobiruはアルギニン含有2500㎎!

成長期応援サプリメントDr.Senobiruは1袋にアルギニンを2,500㎎も含んでいます。他にもオルニチンやシトルニン、ビタミン群などその他の成分も含まれていて成長ホルモンの分泌を促します。

アルギニン自体はアミノ酸なので、総合アミノ酸サプリメントとして売られていることが多く、十分なアルギニンが含まれていない製品が多いのですが、Dr.Senobiruはアルギニンを主成分としていますので他の成長サプリメントと比較してアルギニンの成分量が圧倒的に多いのが特徴です。

また、アルギニンを成分に含んだサプリメントは他にもあってAmazonなどでも簡単に購入できますが、外国産のものが多かったりと安全性の面で不安が残るのですが、Dr.Senobiruは国内製。 ISOの国際規格を満たした安心の国内工場で製造から品質管理まできちんとされていて安心です。

子供に飲ませるものですのでやはり安全性には徹底的にこだわりたいですものね。

グレープフルーツ味で飲みやすい!

Dr.Senobiruは粉末のサプリメントで、水や牛乳などによく溶けます。 グレープフルーツ味に仕上げてあるので冷たく冷えたお水に溶かすと、スポーツドリンクのような味で甘くてさっぱりととても飲みやすいです。 水に溶かすだけなのでお風呂上りなどの毎日の習慣にするのにぴったりですね。 

また、子供の成長に必要な成分を増加しα-GPC、ボーンペップに加え、疲労対策と知られるクエン酸も2100mg配合したので、お子様の成長を徹底サポートします。

一回分ごとに個別包装なので携帯もしやすいのも便利です。


1箱あたり30包から60包に増量!

お子さんの成長期を応援する「Dr.Senobiru」。販売当初は1包の総量が15gで一回に飲みきるには少し多く、小さなお子様には飲みにくいというお声が多かったため、1包の総量を7gに減少させ小さなお子様にも飲みやすく改良されました。

このため、1包総量7gでアルギニン量が5000㎎⇒2500mgと、成分が下がったように感じますが、1箱あたりの袋数が、30包から60包に増量となりました。

ですので、1箱あたりのアルギニン量は変わらないのはもちろん、お子様の体調や年齢に合わせて摂取量を調整することができるため、過不足なくアルギニンを摂ることができます。

※アルギニンの推奨摂取量=体重×0.1g~0.12g※ を目安に継続して適量を補充してください。


定期コースで始めるのが一番お得です!

成長期応援サプリメントDr.Senobiru(ドクターセノビル)は、1箱で通常価格19,600円(60袋入り)ですが、「ず~っとお得な定期コース」から申し込むと、半額の9,800円(税込・送料無料)で大変お得です。

また、60日間の返金保証付きですので、体に合わないな、効果が実感できないな、などと満足できなかった場合は、すべてを使用後であっても商品代金が全額返金されます。

このチャンスをお見逃しなく!

「ず~っとお得な定期コース」は毎月100名様だけの限定となりますので、お早めにお申し込みください!